プロフィール

川上隆広

Author:川上隆広
有限会社セラフ 取締役 
1967.3.12生まれ
社会人になってから、様々な業種の仕事を経験。
最終的に外資系企業のエンジニアとして、国内・海外を飛び回りながら、同時にインターネットでオーストラリアから、郵便ポストを輸入販売する事業を週末起業する。
会社員を続けながら、有限会社セラフを設立し、2005年秋分の日に、上越市市民プラザに内にセラフスローカフェをオープンさせる。
2005年末会社との両立が難しくなり退社。以降有限会社セラフの代表として日夜東奔西走する充実した日々。
コンサートやキャンドルナイト、ダンスイベントや、講演会、ニットカフェ、ドッグカフェなどなど精力的に店舗運営。2008年5月、からむしを使用した商品の企画販売を機にセラフスローカフェをカフェドケンシンに店名を変更。地産池消をコンセプトとし、米粉を使用した麺やケーキなどをプロデュース。2008年9月にはお店で初のウエディングパーティーも。
2009年4月飲食事業から撤退。知人の会社へ営業譲渡する。
2010年6月蔦屋長岡古正寺店(1000坪の大型店)内のタリーズコーヒーのオープニングマネージャーを務める。
立ち上げ終了後は長岡にて人材育成スクールに関わる。
現在はエクステリア雑貨のネットショップ、LED照明の企画販売、農業分野へLED照明とソーラーパネルと液肥噴霧を組み合わせた食物工場の企画、 CCFL照明の販売。
間伐材を使用した粉炭を作るプラントを計画し、その粉炭を使用した建設資材、農業用資材、海の森構想や、携帯電話を使用した集客システム販売、経営コンサルタントなどなどと色々とやってます。
あとは趣味でNEO浄興寺プロジェクトでの音楽コンサートや市民団体の講演会や映画上映会の企画やお手伝いなどなど、ワクワクドキドキすることのみやってます!


カテゴリー


リンク


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


MIXI


Counter


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コロンビア・イルガチェフ入荷しました。

DSC_2043.gif


DSC_2044.gif


お持たせしました。
在庫が切れておりました、コロンビアサンタンデール州サンギル地区、メサデサントス農園の
ニュークロップと
エチオピアシダモ州イルガチェフ地区コンガ村小農家組合のニュークロップが入荷しました。

どちらも緑色がみずみずしく美味しい最高の生豆です。

メサデサントス農園は周りが谷に囲まれた山岳部に農園があり、平均気温が、昼 30度(11-16時) 夜 8度(17-10時) と大きな温度差がある。これらは、良質なコーヒーの栽培に適しており(夜冷現象)、香りが良く良質な酸味を持つコーヒーの生産が可能となっています。
USDA オーガニック,バード フレンドリー(BIRD FRIENDLY),レインフォレスト・アライアンス(RA),JAS(2004年8月認証)の4つの認証を受けています。
同農園は、コロンビア国内で森林保護、良質のコーヒーの栽培等の面から"理想の農園"として評価を受けていて、昨年 ALVARO URIBE大統領が訪問され、大統領からもコロンビア国内のSpeciality Coffeeの模範農園として評価されました。農園主のオズワルドは、SCAA(アメリカスペシャルティー協会)主催の展示会でも、スペシャルティーコーヒーを作るための営農方法等に関してのスピーチを行う程の知識を持ち合わせています。

イルガチェフは農家数2,191件からなる4つの農協組織があり、Yirgacheffe Coffee Farmers Cooperative Unionはその中の一つです。そこには3つの水洗処理工場があって、もっとも大きな水洗処理工場はコンガ地区にあり、各農家は生産面積が0.5~2ヘクタールの小規模農家です。エチオピアではガーデンコーヒーと区分されています。ヘクタール辺りのコーヒーの木は、1,000-1,800本であり、あまり手を加えない自然のままの伝統的栽培方法で営まれています。肥料は家畜の糞尿を堆肥として使用しており、BCS-OkoによりJASオーガニックの認証を受けていおり、年間降雨量は1,500-2,500mmで、気温は15度から25度です。冷涼な気候と生い茂ったシェードツリーによる日陰栽培が、良いコーヒーを生み出す条件で、土壌はローム質の火山灰地で、肥沃で砕けやすくコーヒーの生育に最適です。カップは高地産特有の鮮やかな酸味と、イルガチャフェ特有のフローラルなアロマが特徴です。今回のロットは、シダモ・イルガチャフェ地区の中でも特にその品質が高く評価されているコンガ村地区限定のロットです。

コーヒープレスにて試飲してみましたがどちらも新鮮な豆特有のアロマ、酸味、甘み、そして旨み成分がぎっしりと詰まっていました。

どちらもお店にて量り売りをしていますのでお気軽にお問い合わせください。

どちらも¥550/100gとなっております。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://seraphcafe.blog29.fc2.com/tb.php/83-00aa9de0

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。