プロフィール

川上隆広

Author:川上隆広
有限会社セラフ 取締役 
1967.3.12生まれ
社会人になってから、様々な業種の仕事を経験。
最終的に外資系企業のエンジニアとして、国内・海外を飛び回りながら、同時にインターネットでオーストラリアから、郵便ポストを輸入販売する事業を週末起業する。
会社員を続けながら、有限会社セラフを設立し、2005年秋分の日に、上越市市民プラザに内にセラフスローカフェをオープンさせる。
2005年末会社との両立が難しくなり退社。以降有限会社セラフの代表として日夜東奔西走する充実した日々。
コンサートやキャンドルナイト、ダンスイベントや、講演会、ニットカフェ、ドッグカフェなどなど精力的に店舗運営。2008年5月、からむしを使用した商品の企画販売を機にセラフスローカフェをカフェドケンシンに店名を変更。地産池消をコンセプトとし、米粉を使用した麺やケーキなどをプロデュース。2008年9月にはお店で初のウエディングパーティーも。
2009年4月飲食事業から撤退。知人の会社へ営業譲渡する。
2010年6月蔦屋長岡古正寺店(1000坪の大型店)内のタリーズコーヒーのオープニングマネージャーを務める。
立ち上げ終了後は長岡にて人材育成スクールに関わる。
現在はエクステリア雑貨のネットショップ、LED照明の企画販売、農業分野へLED照明とソーラーパネルと液肥噴霧を組み合わせた食物工場の企画、 CCFL照明の販売。
間伐材を使用した粉炭を作るプラントを計画し、その粉炭を使用した建設資材、農業用資材、海の森構想や、携帯電話を使用した集客システム販売、経営コンサルタントなどなどと色々とやってます。
あとは趣味でNEO浄興寺プロジェクトでの音楽コンサートや市民団体の講演会や映画上映会の企画やお手伝いなどなど、ワクワクドキドキすることのみやってます!


カテゴリー


リンク


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


MIXI


Counter


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワインとボサノバとフレンチフードをゆるーく楽しむ夕べ

mihonovaA4.jpg

ワインとボサノバとフレンチフードをゆるーく楽しむ夕べを企画しました。
やさしい歌声と超強力なバックミュージシャンでお送りするボサノバと
おいしいワインとフレンチフードでリラックスしながら飲んで聞いて食べて楽しめる
イベントを企画しました。
おしゃれにボサノバを聞いてもOK、超マニアックなミュージシャンもOK、ワイン・料理もOKです。

Mihonova With Boardeaux wine 2008/11/17(Mon)

ボサノバの生演奏を聞きながら、気軽にボルドーワインとフランス料理をお楽しみいただけます。
当日はレストランOPAの湯沢シェフより日常生活での気軽なワインの楽しみ方等お話いただきます。
又、フランスボルドー旅行やワイングッズが当たる抽選会があります。

タイムテーブル
18:00 開場 フードタイム
18:30 フードタイム 湯沢シェフによるワイン講座
19:00 ミュージックタイム

ゆったりお食事を楽しみたい方はお早めにお越しください。
ミュージックタイム中でもお食事はお楽しみいただけます。

会場:カフェ・ド・ケンシン
入場料:6000円(ミュージックチャージ3000円+飲食代)ワイン2杯、OPAのお料理付き
当日7000円
主催:UNISONクリエイト、サトウシステム、有限会社セラフ
共催:レストランOPA
後援:サントリー、フランス食品振興会
プレイガイド:カフェ・ド・ケンシン、多田金、二葉楽器、大和上越店、ミュージックループ、上越文化会館、妙高市文化ホール

Mihonova

麻場美穂(Vo)
小畑和彦(Guiter)
水野正敏(Bass)

プロフィール
麻場美穂(Vo)

3歳よりエレクトーンとピアノで洋楽ポップスに親しみ、学生時代に組んだロックバンドのキーボードとバックコーラスを担当する。その後独学でピアノの弾き語りを始める。そのころからジャズやボサノバに興味を持ち、ジャズピアノを福田重男氏に師事。英語とポルトガル語をSTEVESACKS氏に師事し、本格的にジャズを習得する。2006年VMEよりファーストアルバム「MIHONOVA」をリリース。itunesのランキングで収録曲がベスト10 入りする等好評を博す。その後、2008年3月に2ndアルバム「meuamante」をリリースする。

小畑和彦(Guiter)
福岡県出身。作曲、編曲、ブラジル系シンガーのプロデュースを積極的に行い、パットメセニー、渡辺貞夫、小野リサ、平井堅、TOKU,等数多くのミュージシャンとライブ、レコーディングを行っている。


水野正敏(Bass)
大阪出身。村上”ポンタ”秀一や野村義男らとライブやレコーディングを行い、又、作曲家としての評価が高く、さらにプロデューサーとしても多くのアルバムを世に送り出している。ジャズミュージシャンとしてキャリアを重ねたが、現在はジャンルを越えた活動を展開している。
独自の作曲法、Mizunomethodにより作曲された楽曲は非常にユニークなためジャンル分けすることが難しく、水野ミュージックとも呼ばれている。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://seraphcafe.blog29.fc2.com/tb.php/270-acb50838

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。