プロフィール

川上隆広

Author:川上隆広
有限会社セラフ 取締役 
1967.3.12生まれ
社会人になってから、様々な業種の仕事を経験。
最終的に外資系企業のエンジニアとして、国内・海外を飛び回りながら、同時にインターネットでオーストラリアから、郵便ポストを輸入販売する事業を週末起業する。
会社員を続けながら、有限会社セラフを設立し、2005年秋分の日に、上越市市民プラザに内にセラフスローカフェをオープンさせる。
2005年末会社との両立が難しくなり退社。以降有限会社セラフの代表として日夜東奔西走する充実した日々。
コンサートやキャンドルナイト、ダンスイベントや、講演会、ニットカフェ、ドッグカフェなどなど精力的に店舗運営。2008年5月、からむしを使用した商品の企画販売を機にセラフスローカフェをカフェドケンシンに店名を変更。地産池消をコンセプトとし、米粉を使用した麺やケーキなどをプロデュース。2008年9月にはお店で初のウエディングパーティーも。
2009年4月飲食事業から撤退。知人の会社へ営業譲渡する。
2010年6月蔦屋長岡古正寺店(1000坪の大型店)内のタリーズコーヒーのオープニングマネージャーを務める。
立ち上げ終了後は長岡にて人材育成スクールに関わる。
現在はエクステリア雑貨のネットショップ、LED照明の企画販売、農業分野へLED照明とソーラーパネルと液肥噴霧を組み合わせた食物工場の企画、 CCFL照明の販売。
間伐材を使用した粉炭を作るプラントを計画し、その粉炭を使用した建設資材、農業用資材、海の森構想や、携帯電話を使用した集客システム販売、経営コンサルタントなどなどと色々とやってます。
あとは趣味でNEO浄興寺プロジェクトでの音楽コンサートや市民団体の講演会や映画上映会の企画やお手伝いなどなど、ワクワクドキドキすることのみやってます!


カテゴリー


リンク


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


MIXI


Counter


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダッチオーブン体験イベント

ダッチオーブン体験会 In セラフスローカフェ

oven


セラフの夜メニューで使用しているダッチオーブンを使用したアウトドア料理を食べてみませんか?
ダッチオーブンはアウトドアだけでなくキッチンまで幅広く対応。
蓄熱性のよさは経済的なだけでなく、何より素材の持ち味をたっぷり引き出して美味しいのが嬉しい!
ファミリーでのご参加お待ちしています。


4月23日 日曜日  10時~15時
参加費は無料です。


ゴールデンウイーク前にアウトドア料理の予行練習も兼ねてご参加ください。

スポンサーサイト

穀雨ランチメニューです。雨が降り穀物が育つ季節です。
満月は14日です。

全品、サラダ、スープ、コーヒーOr紅茶Orミニオレンジジュース(小学生以下)付です。
・お子様ランチ(雑穀ミニおむすび、ミニオレンジジュース、デザート付)¥650
パスタランチ ¥800
・ジェノベーゼ
・ミートソース
ライスランチ ¥800
・3色そぼろ丼
バゲットランチ ¥600
メインランチ ¥950
・鶏の照り焼き
スペシャルランチ ¥1980
・国産牛ヒレステーキ 限定10食
ランチにプラスのメニュー
・ミニパフェ¥200
・ジェラート¥300

お花見やパーティー用のプラン

セラフスローカフェではファミリーパーティー用のオードブルなどのご予約も承っております。
写真はひな祭りのパーティープランの一例です。
お花見やGWのホームパーティー用などにいかがですか?
お気軽にお問い合わせください。

hinamatsuri

マリオネットライブ

マリオネット

SERAPH presents
「マリオネット」Live

場所:上越市民プラザ内、スローカフェ「セラフ」
開催日:平成18年6月3日
18:00からお食事、19:00時からコンサート
料金:一人5,000円(食事、ワンドリンク付き)
主催:マリオネットを聴く会
チケットはお店で販売しています。残りあとわずか。お早めに!

マリオネットは、ポルトガルギターとマンドリンのデュオです。
ポルトガルギターは哀愁のある音色で、マンドリンとの相性もとてもよいです。特に女性の方々、演奏者の湯浅さんと吉田さんの手の美しさに感動すると思います。

<ポルトガルギターとは?>
ポルトガルの首都・リスボンのアルファマ地方で生まれた民衆の歌・Fado(ファド)に用いられる6コース12弦のギター。
Fado(ファド)という言葉は、ラテン語のFatum(ファトゥーム/運命・宿命を意味する)に由来し、その言葉の通り、Fadoは、人生につきまとう深い感情を表現する楽器である。
ポルトガルギターは、そのFadoに不可欠な楽器。独特のボディーの形状は涙の形をしているといわれ、その哀愁に満ちた音色は、聴くものの魂を深くゆさぶる。また、Fadoを、そしてポルトガルギターを演奏する際に最も重要な感情を「サウダーデ(哀愁・郷愁などと訳される」といい、Fadoを表現する者は、) その「サウダーデ」を如何に深く表わせるかで、その力量が問われる。

<メンバー>
湯淺隆(ポルトガルギター奏者)
大阪に生まれる。14 才でギターを始め、日本ギター音楽学校を経てクラシックギターを小野剛造氏に師事。フォーク、ロック、ブルース、ラテンと幅広い活動を続けるうち、ポルトガルギターと出会う。’87 年、ポルトガルに渡り、アントニオ・シャイーニョ氏、ルイス・ピィニェイロ氏に師事、のち帰国。日本におけるポルトガルギターのパイオニアとしてファドやオリジナル音楽を中心に独自な音楽活動を行なっている。

吉田剛士(マンドリン奏者)
神戸に生まれる。15 才でマンドリンを始め、’80 年~’84 年、川口雅行氏に師事。’84 年、渡西独。国立ヴッパータール音楽大学にてマーガ・ヴィルデン・ヒュスゲン女史に師事。’87 年、同校演奏家資格試験を最高点で卒業、同年帰国。’88 年、NHK洋楽オーディション合格。湯淺隆とのアコースティックユニット《マリオネット》としての活動以外にクラシックマンドリン奏者としても活躍、高い評価を得ている。

桃太郎 ワン

今年、1月に我が家に来た桃太郎君です。誕生日は11月25日でまだまだ子供です。
天気のいい日や、土日にはお店にいますのでみなさんかわいがったください。

お店の外にはテラス席や芝生のスペースがありますのでみなさんワンちゃん連れて遊びにきてください。

近々、ワンちゃん用のメニューも用意する予定です。

DVC00227_M.jpg

気持ちのいい午後

久々に天気の良かった午後。友人が市民プラザの音楽スタジオに遊びにきて、帰りにうちのお店のテラス席でギターやウクレレで演奏して昔なつかしいフォークミュージックからボサノバまで色々と楽譜見ながら楽しみました。
みなさん、良かったら楽器持参で遊びに来てください。

その後ろはうちの看板犬、桃太郎をおっかなびっくりかまっている子供です。

DVC00237_M.jpg

ラテ画像その2

またまた驚き!のうさちゃんラテ!

DVC00233_M.jpg

デザインラテ!!

六本木のバールデルソーレに行って有名なバリスタ、横山さんに会ってきました。で、びっくりしたのがデザインラテ!ハートやロゼッタ模様はよくありがちなんですが、僕の名刺を見てお店のロゴのラテを作っていただきました。イヤーびっくり!
セラフではハートしかできませんのでこれから修行したいと思います。



DVC00232_M.jpg

JAJA in ジョイアミーア

新潟古町にあるイタリアンレストランのジョイアミーアにJAJAのコンサートを見に行ってきました。JAJAはソプラノサックスの音色が美しいスムーズジャズのグループで、メジャーデビューする前からストリートで聞いていて好きなグループです。

いつかはセラフスローカフェでコンサートをしましょう!ということでお話をしてきました。

で、この日は音楽プローモーターの友人と新潟の誇るジャズピアストの二野さんと、ジョイアミーアのオーナーと楽しく飲みました。いやー皆さん、楽しくてお酒が強い!

ジョイアミーア
http://www.niigata-gioiamia.com/

JAJA
http://www.jaja.fm/index.php

DVC00225_M.jpg


 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。